• ホーム
  • このイライラ更年期障害?そんな女性におすすめのピル

このイライラ更年期障害?そんな女性におすすめのピル

更年期障害というのは女性が閉経を迎える時期に起こるもので、閉経を迎える頃には女性ホルモンの量が減ることで、今までとは違ったホルモンバランスの状態になります。
閉経を迎えて女性ホルモンの量が少ない状態に体が慣れてくると、更年期障害は起こらなくなり体の状態も安定してきます。
更年期障害は閉経を迎える時期のホルモン量が急激に変化する時期に起こるものです。

更年期障害が起こっている時期にあらわれる症状としては体がほってたり、のぼせる、異常な発汗、動悸がするといった身体的な症状がみられます。
精神的なものとしては原因がなくイライラするといった症状などがでますが、どの症状も個人差が大きく人によってあらわれる症状には違いがあります。
症状が強くでる人にとっては、日常生活に支障をきたすほど苦痛が大きいものもあります。

こういった症状を抑えるためには減少してきている女性ホルモンを含んでいるピルを飲むと効果があります。
ピルにはエストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンが入っており、ピルを服用することで体の中のホルモン量が安定し、身体がホルモンを分泌しなくてもよくなるため排卵を起こさないようにする働きがあります。

ピルはそういった作用で避妊目的や生理痛の緩和を目的として使用されていますが、更年期に女性ホルモンが減少してきている時期にも症状の軽減法として使用することができます。
女性ホルモンを体に補うことで、イライラするといった症状をやわらげる作用があるからです。

更年期障害が起こるのは45歳~55歳だと言われていますが、この範囲に入っていない人でもホルモンの分泌量の変化で更年期障害の症状がでる人がいます。
もしも、更年期障害の症状に似ているものあらわれた時には女性ホルモンの量が変化し始めている可能性があります。
女性は年齢の差があるとはいえ、誰もが閉経を迎える時がくるので全ての女性にとって更年期障害が関係してきます。
更年期障害かもしれないと感じることがあった時にはピルを服用する更年期症状の軽減法があるということを思い出してください。

男性の更年期障害とは

そして更年期障害は主に女性だけにあらわれるものとして考えられていますが、男性にも更年期障害は存在します。
男性の場合にはテストステロンという男性ホルモンが減少することで様々な症状を引き起こします。
男性の更年期障害の代表的な症状はうつ症状です。
とにかくやる気がわいてこずに、暗い気分になってしまう症状です。
男性の更年期障害は40歳~50歳代に多く見られますが、この年代はもともとうつ症状を起こしやすい年代として知られています。
身体的な問題だけでなく社会的な立場としてもストレスがかかりやすい時期であるために、うつ症状が強くなる傾向があります。
さらにうつ症状を悪化させるような症状もあり、それが不眠です。

男性の更年期障害では不眠を訴える人がとても多く寝付きが悪いといったものから、途中で目が覚めてしまう、早朝に起きてしまうといったものまでいろいろな種類があります。
男性ホルモンが減少することで起こる症状にはEDも含まれます。
男性ホルモンは性ホルモンの一種なので性的な面での症状がでる可能性があります。
男性の場合にはテストステロンは急激に減少するわけではなく20代にピークを迎えた後は徐々に男性ホルモンが減少していきます。
そのため急激なホルモン量の変化は起こらないために女性の更年期障害のように話題にならなかったのかもしれません。
そして男性ホルモンの量には個人差が大きく実際の年齢だけでは予測できないほどの個人差があります。
人によっては実際の年齢が高齢であっても若者と同じような量の男性ホルモンの量を保っている人もいれば、若くても男性ホルモンの量が少ない人もいます。
そのため女性のように、同じ時期に症状が出はじめるとは限らないという点が特徴です。

関連記事
年をとるたびにひどくなる関節痛におすすめの痛み止め 2019年10月12日

関節痛には原因によっていくつかの種類があります。まず加齢によって起こる関節痛としては、関節の中にある軟骨がすり減ったことで起こるものがあります。これは長い期間、...

ひどくなる前に痛風の初期症状に気付こう 2019年09月15日

痛風の症状を発症してしまうと、字のごとく「風が吹いただけで痛い」と感じるような激痛を伴います。流石にそのような状態になってしまうと痛風ではないかということに気付...

関節リウマチと生活習慣の関係とは 2019年08月30日

関節リウマチという病気は自己免疫疾患のひとつで、自分の体の免疫システムが異常に作動してしまう病気です。主に関節に症状があらわれ、動きが制限されることで関節を動か...

その頻尿、原因は塩分過多かも? 2019年08月15日

排尿の量は体に取り入れた水分の量で変化してきますが、間隔をあけずに排尿がしたくなる状態を頻尿といいます。頻尿になるということは摂取している水分の量が多いというこ...

糖質制限ダイエットをすると糖尿病になる!? 2019年07月26日

世の中には様々なダイエット方法があふれていますが、近年注目されているダイエット方法に糖質制限ダイエットというものがあります。これは食事法によって糖質制限、つまり...