• ホーム
  • 年をとるたびにひどくなる関節痛におすすめの痛み止め

年をとるたびにひどくなる関節痛におすすめの痛み止め

関節痛には原因によっていくつかの種類があります。
まず加齢によって起こる関節痛としては、関節の中にある軟骨がすり減ったことで起こるものがあります。
これは長い期間、関節を使い続けているうちに、クッションの役割をしている軟骨が徐々にすり減り、ひどくなるとクッションが全くない状態になってしまい骨と骨が直接ぶつかり合うことで炎症が起こって痛みが出たり、関節の変形を起こすものです。

最近では中高年になってからスポーツを始める人も増えており、急激にスポーツをしたり激しく体を酷使することで関節痛を起こす人の数が増えています。
加齢により若い頃とは違って軟骨がすり減っている状態なのにも関わらず、体に無理をかけてしまうことで起こる関節痛です。
特に運動をする時には膝に大きな負担がかかるので膝の関節痛を訴える人が多いようです。

また加齢による関節痛には四十肩や五十肩もあります。
肩の関節とその周辺に炎症が起こり、肩に強い痛みが出て、特に腕をあげたり、腕を後ろに回す動作をした時に関節痛が強くなります。
かなり強い痛みの場合には肩を動かすような動作を行わないようになってしまい肩関節の動く範囲が狭くなってしまうことがあるほどです。
痛みは一定期間続いた後に軽くなっていくことが多いようです。

関節痛が出現している時には痛みがあるからといって全く関節を動かさないような生活をしていると関節が固まってしまい動く範囲が狭くなった状態から戻らなくなることがあります。
そうならないためにも痛み止めを上手に使用して関節痛と上手に付き合っていくことが大切です。

関節痛に使われる痛み止めとしてはセレコックスやボルタレンといった薬がよく使われます。
セレコックスは非ステロイド系の痛み止めですが、他の薬に比べて胃に優しいという特徴があります。
痛み止めとして使用する場合には長期間使い続けることもあるので胃の痛みが起こりやすくなるので、セレコックスのような胃に優しいものを使用すると副作用が出ずらくなります。

ボルタレンは強い痛み止め作用があることが特徴です。
他の痛み止めでは効かなくなった場合に使うと良いでしょう。
ただ胃への刺激も強いので必ず食後に服用するようにしましょう。

膝の関節痛はどこの筋肉が足りないの?

加齢による関節痛には痛み止めを使用して対処をしながら生活をしていくことが大切ですが、関節痛が最も起こりやすい部位は膝です。
立っている時に体重が大きくかかる部位であると同時に、動く時に無理がかかりやすい部位のため負担が大きく関節痛を起こしやすいのでしょう。

膝の関節痛を予防するためにはまず体重を適正に保つことが重要です。
体重が重いとその分大きな負担となってしまうため、標準体重を維持するように努めることが膝の関節痛の予防にもなります。

また膝の関節痛は関節を支える筋肉が弱かったり、足の使い方が悪かったりすると起こりやすくなります。
膝の周囲の筋肉は直接的に関節を支えているために、膝周辺の筋肉が弱くなると、関節痛を起こしやすくなります。
膝は太ももとつながっているので太ももの筋肉も膝の関節を支えるために必要な筋肉です。
太ももでしっかりと体重を支えることができると、その分膝の関節にかかる負担が減少します。

さらに足の付け根の部分になるおしりの筋肉も膝の関節と深い関係があります。
おしりの筋肉は足を動かす時に必要な筋肉で、おしりの筋肉の力が不足していると足を動かす時に膝に強い衝撃が加わるようになってしまいます。
足の付け根からしっかりと力を入れて足を動かすようにすると大きな負担が加わりません。
そういった意味では膝の関節痛の予防にはおしりの筋肉をしっかりと鍛えておくことも大切です。

膝の関節痛は膝だけを大事にしていても予防できません。
膝の関節を補助する部位である膝の周囲、太もも、おしりの筋肉全てが関係しています。
膝の関節痛を予防したい時には、膝だけでなく関係している筋肉全てをバランスよく鍛えるようにしましょう。

関連記事
ひどくなる前に痛風の初期症状に気付こう 2019年09月15日

痛風の症状を発症してしまうと、字のごとく「風が吹いただけで痛い」と感じるような激痛を伴います。流石にそのような状態になってしまうと痛風ではないかということに気付...

関節リウマチと生活習慣の関係とは 2019年08月30日

関節リウマチという病気は自己免疫疾患のひとつで、自分の体の免疫システムが異常に作動してしまう病気です。主に関節に症状があらわれ、動きが制限されることで関節を動か...

その頻尿、原因は塩分過多かも? 2019年08月15日

排尿の量は体に取り入れた水分の量で変化してきますが、間隔をあけずに排尿がしたくなる状態を頻尿といいます。頻尿になるということは摂取している水分の量が多いというこ...

糖質制限ダイエットをすると糖尿病になる!? 2019年07月26日

世の中には様々なダイエット方法があふれていますが、近年注目されているダイエット方法に糖質制限ダイエットというものがあります。これは食事法によって糖質制限、つまり...

今や高血圧は高齢者だけの病気ではない 2019年07月07日

高血圧の人口が多いと言われているわりに、明確な原因はよく分かっておらず、原因が病気である場合には、その病気を治すことによって高血圧も改善することから、原因が明ら...